イヌリンサプリメントは糖尿病改善のイヌリンプラスがおすすめ

 

イヌリンとはデンプンが一切含まれていない菊科植物独自の多糖質のことをいいます。
まず、パンやご飯等の炭水化物や甘い物を摂取すると、ブドウ糖を胃液で吸収されることで血糖値が急激に上昇。これらの血糖値を下げることを果たす為に、すい臓が作動してインスリンの分泌を促進させます。
このようにインスリンが必要以上に生成されると、血中の糖質が中性脂肪という形で身体の中にストックされて、その結果、糖尿病や肥満やを誘発するのです。

イヌリンサプリ

しかしながら、イヌリンはデンプンを含有されていないため、糖質の吸収を通常より遅くして食後の血糖値の上昇をコントロールするのです。ようするに、イヌリンにはインスリンの分泌をセーブする効果が期待できるのです。この方法は最近話題になっている「低インスリンダイエット」と呼ばれいます。

イヌリンが含まれている植物で水溶性の植物繊維で代表的なのが菊芋ですが、その他にもゴボウ、ダリア、たんばぼ、チコリなどに多く含まれています。

 

ところで日本人の5人に1人が高血糖といわれていて、ルックルックのイヌリンプラスは境界線型糖尿病(糖尿病予備軍)の人たちを中心に血糖値を気にしている、最近何となく興味があるなどと生活習慣や食生活を気にしている方に、おすすめで今注目のイヌリン配合のサプリメントです。

業界初!!糖をトリプルサポートで安心。
ルックルックのイヌリンサプリ イヌリンプラス
楽天やアマゾン等の通販サイトより安価で購入できます。

 

『ルックルックイヌリンプラス』は、安全な自然由来の原料を厳選使用しているのはもちろん、国内有数のGMP取得工場で作られています。心から安心してお飲みいただけるよう、品質管理には徹底的にこだわっていて、自然なもので健康のサポートをしたいから、保存料・着色料・香料は一切使用されていません。

 

「第六の栄養素」と言われている食物繊維

 

イヌリン糖尿病

糖質、たんばく質、脂質、ビタミン、ミネラルに次ぐ「第六の栄養素」と言われている食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とに分類されます。

水溶性食物繊維は、ヌルヌルした状態のままで腸内をゆっくりと移動しますので、コレステロールやブドウ糖などの吸収力が時間を掛けて行われ、コレステロール値や血糖値のコントロールに効果が期待できます。また、水溶性ペクチンには健胃、癌(ガン)のコントロール作用、わかめやこんぶから抽出されるアルギン酸には高血圧症を予防させる効能があって、ローカロリーで食べた時の充足感を取得しやすいのが特徴だと言えます。

 

イヌリンプラスの主成分

 

血糖値対策サプリの中でも高品質なサプリにも関わらずお試ししやすい、続けやすい価格設定で効果効能、価格のバランスがよく非常に購入しやすいサプリメントです。アマゾンなどの通販サイトより低価格で購入できます。

 

ルックルックの「イヌリン プラス」のサプリは血糖値対策に必要な3つの機能を兼ね備えています。 血糖値の対策等に欠かせない構成要素は、「コントロール」、「アップ」、「ガード」の3つ。

 

《コントロール》 「ルックルック イヌリン プラス」には、菊芋やゴボウなどに含まれる 今いろんなメディアや雑誌でも取り上げられている成分「イヌリン」や、納豆に含有するネバッケ高い主な成分 「ナットウキナーゼ」が配合され、このような水溶性食物繊維が 「ルックルック イヌリン プラス」には1か月分1袋に40,000rも配合されています。

《アップ》
インスリンのはたらきを改善する玉ねぎの辛味の成分「イソアリイン」には、 北海道産の辛味成分が特に多いストロング系玉ねぎから摘まみ取りた 玉ねぎ濃縮エキスを使用。これ以外に、そのはたらきをサポートするために 1日6粒で30億個分相当の「ビフィズス菌」もブレンドされています。

《ガード》
いま話題のインド産「サラシア」と日本産の「桑の葉」より抽出されたエキス を配合。この2つの植物のチカラで腸管内酵素の活動をダブルブロックして 糖の吸収を堅実に管理してます。さらに血糖値対策サプリで有名な2種類のハーブになります。

 

イヌリンプラス Q&A

 

イヌリンサプリ

 

Q1.イヌリンプラスは、いつ飲んだらいいの?
A1.食事の前など糖質を取る前にお飲みいただくことをオススメしていますが、イヌリンプラスは健康補助食品ですので、いつお飲みいただいても大丈夫です。忘れずに飲むことが大切なので、ご自身が続けやすいタイミングでお飲みいただき、毎日の習慣にされてください。


イヌリン

 

Q2.イヌリンプラスは、どのくらいで実感できる?
A2.健康食品は「医薬品」とは違い、すぐに劇的な変化が現れるものではありません。長く続けて頂くことで、体の中から徐々にチカラを発揮します。毎日の健康の支えとしてお続けください。


菊芋イヌリン

 

Q3.イヌリンプラスは、何粧飲んだらいいの?
A3.1日6粒目安に、水またはぬるま湯でかまずにそのままお召し上がりください。飲み始めや、特に気になる時などには、10粒前後を目安にお飲み頂くことをオススメします。


イヌリン効能

 

Q4.イヌリンプラスは、病院の薬と一緒に飲んでも大丈夫?
A4.基本的に薬と一緒に服用して頂いて差し支えありません。ご心配な場合は、かかりつけのお医者様へご相談の上、お飲み頂くことをオススメします。


 

糖尿病は糖の摂りすぎが原因

 

飲み物で、安全性の他で悪影響を及ぼすのが、糖分の摂りすぎになるいうことがポイントになります。このごろ、電車や街中などで、太り過ぎの幼い子供たちをよく見かけませんか。その要因の一つが、糖分がたくさん入っているジュースや缶コーヒーの飲用しすぎであることは容易にイメージできます。市場に出回っているジュース、サイダーと言えるものは、1本(500ml)に約50g前後の糖分が含まれているといわれていて、エネルギーの量は250kCal前後だと考えられます。毎日そこれらの飲みものを飲みながら、チョコレートなどのハイカロリーのスウィーツを食し、他にも3食を召し上がると、太り易くなるに違いないし、高血糖にも見舞われやすくなるでしょう。そういうわけで、飲み物にノンカロリーの合成甘味料とされるスタラロース、アセスルファムK、アスパルテームがやみくもに取り入れられているというわけです。しかしながら、糖分は人体から見れば重要なパワーのもとになり、まかり間違っても「悪者」だとは言い切れません。その中でもぶどう糖につきましては、脳から見ればオンリーワンのエネルギー源になります。そんなわけで、糖分は決して敬遠するものでなくて、むしろ盛んに摂取されるものとかんがえられます。

イヌリンサプリ

ここで問題となってくるのが糖分の摂取量になります。私たちは1日三回の食事に伴って、たんばく質、炭水化物、ビタミン類、脂肪、食物繊維等といった栄養素を体内に取り入れています。そのような中で、脂肪やたんぱく質、炭水化物がエネルギーになるわけです。余談ですが、タンパク質と炭水化物(糖分をふくむ)は、1g で4kCal、脂肪は1gで9kCalに変身するのです。脂肪と炭水化物は、身体の中ではほとんどがエネルギー源という形で、身体的機能を継続させるのに貢献してくれています。そうだとしても、摂取しすぎると逆に全部が燃焼されず、体内に蓄積されるのです。その時に、炭水化物は、脂肪となって、内臓や皮下に蓄積されるのです。言うまでもなく糖分も炭水化物の仲間で、当然、脂肪になって蓄積されるのです。以上の工程が肥満の原因になります。また、果糖や砂糖、ぶどう糖等の糖分類は、デンプンと比較して、スピーディーに消化管から吸収してくれますので、血糖値を上昇させる原因となります。この一連のプロセスで糖分類をとりすぎると、血糖の値が勢いよく上昇してしまうのです。
 

1日に摂取していい糖分の量とは

 

果糖やぶどう糖等の糖分は、1日だいたい何グラム摂取したらいいのでしょうか?一般的には1日の糖分は体重1kgぁたりで1g以下であるべき考えが、いちばん妥当ではないでしょうか。
体重50kgの女性が、1日に糖分を50gとると、200kCal摂取されるといわれています。
成人女性が1日に必要なエネルギー量は、2000キロカロリー前後といわれています。よって、3回の食事の他に1800キロカロリーくらい摂取すればカロリー越えにならなくてすみます。
この方法で生活することによって適量の糖分が摂取可能となります。低年齢層のケースでは、年齢を基点として異なってきますが、約6才〜8才の男の子のケースでは、1日に絶対必要なエネルギー量は、1650〜1900キロカロリーです。飲料水で糖分を20g摂取したとすると、80キロカロリーを摂取したことになるわけです。残ったカロリーを食事、飲料水を除くお菓子で摂取すると、カロリー超過にはならないのです。このような方法も十分に可能です。
このようなことで、1日の糖分の摂取量を体重1キログラムあたり1グラム以下にすることで、それほどまでカロリーオーバーになるようなことはないのです。肥満に見舞われることさえないのではないでしょうか。

 

糖類、糖質、糖分の違い

 

糖質は、食物繊維を含めない炭水化物ということになります。すなわち、身体の中で消化されてしまう炭水化物に関して、ぶどう糖、果糖、ショ糖もデンプンも含まれています。
だからこそ、糖類といわれるような理由をもつ文言となるのです。余談ですが、食物繊維というものは体内で消化されない炭水化物なのです。
糖類というのは、あえて言うなら科学的な言葉で、果糖やぶどう糖などの単糖類、ショ糖等といった2糖類、これ以外に多糖類を一緒にして表現しているのです。
こういったとき、多糖類になると、デキストリン(ぶどう糖が大量に繋がったもの)やデンプンも分類されます。これらに関しては甘味が一切無いので、糖類というものは必ずしも甘い糖を意味するのではないことになるのです。
糖分は、ブドウ糖、ショ糖や果糖など甘味をもっている糖の配合量を表現される言葉になります。

 

「糖質ゼロ」は、完璧なゼロとはいえない

 

栄養成分の表示表を見てみれば、どの位のエネルギー(カロリー)、糖質、脂質、ナトリウム等などが含有しているかが一目瞭然です。
とは言っても、留意すべき項目があります。例えば、エネルギーのケースでは、「Oキロカロリーと記載されたとしても、正真正銘「0」かそうでないのかは判断できないのです。
栄養表示基準だと、実は「ノン」、「ゼロ」や「無」等における取り決めがありまして、エネルギーの場合、100mlで5キロカロリー未満の場合、「ノンカロリー」や「ゼロカロリー」である表現が承認されているのです。また、成分表示も「エネルギー0キロカロリーと表現していいこととなっているわけです。
このことは、脂質や糖質(糖類)やナトリウムである場合にも一緒なのです。糖質のケースでは、100mくらいで0.5g未満であったならば、「0」と表示してもいいのです。脂質は、同じ様に0.5g未満、ナトリウムは5mg未満である場合は、「0」と表現することが可能になっているのです。
だからこそ「脂質ゼロ」や「糖質ゼロ」とドカ〜ンと表記されていたり、成分表示に「脂質0g」、「糖質0g」と記載されてあっても、ストレート信じるのは良くありません。
何と言っても、糖尿病などを理由として、過酷なカロリー制限、食事制限などを積極的に行なっている方は特にお気を付けください。

 

菊芋(キクイモ)に含まれるイヌリンの糖尿病に対しての効果と効能

 

菊芋(キクイモ)に多く含まれるイヌリンに関しては水溶性食物繊維になります。ただ難消化性であるがゆえに、長い時間に渡って胃腸内に残留するために消化に長い時間が必要になります。そのために、腸管による糖吸収がゆったりとなるので、血糖値の上昇率を制御するという効能が存在しています。この現象によって、糖が体内に吸収されずに余るので、インスリンの余計な消費も節約できるのです。

菊芋効果効能

近年、海外の多くの有名セレブが健康と美容を目的にしているキクイモは増殖力が強力といわれていて、種を植えるとアッという間に根を張る結果になります。また寒気等に対しても強力で、無農薬で成長することができて、雑草が生えて来ないくらいに生命力が存在しているため、糖質がローレベルでキクイモに含まれているイヌリンが腸内において腸内酵素と反応してコンニャクみたいなジェル状に変身することで、ある一定の時間が経つと体外に排出されますし、ある程度時間が経過しないと空腹感を感じさせない効果に期待ができます。このように菊芋は糖尿病だけに限らずダイエットや美容の効果も存在している、現在注目されている食材だと言ってもいいでしょう。

キクイモにはセリン、ダルクミン、グリシン、アスパラキン、チロシンといった5種類の非必須アミノ酸とロイシン、バリン、イソロイシン、リジン、スレオニン、フユニルアラニン、ヒスチジンといった7種類の必須アミノ酸が含有されていて、このような相互作用に影響されて脳神経細胞の正常化や疲労回復、脂肪燃焼やダイエットといった効果に期待できるといわれています。
キクイモのアミノ酸は含まれている量が豊富といわれているグレープフルーツジュースやオレンジジュース等よりも遥かに追い抜いていることも最近判明されています。
そのほか菊芋においては、イヌリンを腸内で細分化したものをフラクトオリゴ糖に変更するイヌラーゼというような酵素のみならず、たんばく質を分解させるショ糖やグリコーゲンやでんぷんを分解するホスホリラーゼ、プロティナーゼを果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)に分解させるインベルターゼといった、たくさんの酵素を含んでいるのです。そういった酵素の全体的なサポートによって血糖値が改善された上、この他にはダイエットにだって効果的に役に立つケースが実証されています。
またキクイモにおいてはわずかながらの酸類も含有されています。この成分によって身体の中の乳酸を消し去って疲労回復、高血圧や動脈硬化を予防する方法といわれているのです。
これだけではなくコレステロール値が血管の壁の付着を予防するレシチンの構成物になるコリンやうまみ成分などのベースとしてアミノ酸の仲間で胃液の酸度調節や脂肪代謝、中性脂肪分解作用や肝機能に役立つべタインなどがあって、動脈硬化症の予防改善に関して効果的といわれているサポニンも含まれています。

菊芋(キクイモ)めも

9月前後に菊に似た黄色の花を咲かせる菊芋(キクイモ)のイヌリンは、クレアチニン値、血糖値、ヘモグロビンA1C値を下げる効能があるといわれていて、その効果に期待ができます。菊芋は家庭菜園として栽培でき、収穫時期は秋から春で約半年間になります。
しかし、残念なことに収穫したあとのキクイモは変質しやすくデリケートなため、生のままでの保存は酸化しやすく難しいといわれていますので、切った後はすぐにレモンを絞った水の中に浸して早めに消費されることをおすすめします。